情報マッピングシステム「どこキャッチ」に新しい日常に必要な機能を追加中!

「どこキャッチ」とは?
2019年度に情報マッピングシステムとして「どこキャッチ」をプレスリリースしました。現在はモニター利用中です。

いつ?どこ?をキャッチする。行動経路記録システム DOCO-CATCH どこキャッチ

行動履歴を記録しませんか?

利用者のスマホにアプリをインストールしておくことで「いつ、どこにいたか」が記録されます。
必要な時にスマホで簡単に経路をたどることができます。
個人情報漏洩の心配もありません。

行動経路記録システム どこキャッチの利用の流れ

行動経路記録システム どこキャッチ アプリインストール

Andoroidの方はこちら

GooglePlayから行動経路記録システム どこキャッチアプリをインストール 行動経路記録システム どこキャッチ アンドロイド

iPhoneの方はこちら

AppStoreから行動経路記録システム どこキャッチアプリをインストール 行動経路記録システム どこキャッチ アイフォン

行動経路記録システム どこキャッチ 利用シーン

平時 個人で利用開始することができます。

行動記録

アプリをインストールすると利用者の行動経過が自動で記録されます。

行動確認

残したい情報をテキストと画像で確認できます。

災害発生時 利用者は任意に参加できるので大勢の人に情報提供を呼び掛けることができます。

情報収集・提供

情報を収集して、同時に提供します。
利用者が現場から投稿した情報を一覧で確認できます。

避難指示

収集したリアルな情報から避難指示等につなげます。

復旧活動

職員の配置状況を一元管理し、最適な運用が行えます。